1. ホーム
  2. 企画展
  3. 日本版創刊20周年記念 ナショナル ジオグラフィック展 -写真で伝える地球の素顔-

企画展

展覧会

日本版創刊20周年記念
ナショナル ジオグラフィック展 -写真で伝える地球の素顔-

2015年7月18日(土)~8月30日(日)※会期中無休

ナショナル ジオグラフィック展

1888年、アメリカのワシントンD.C.に協会を設立して以来、1世紀以上にわたり歴史的発見と地球の真実を伝え続けてきたナショナル ジオグラフィック。「地理学の知識を高め、普及する」ことを目的に、これまで「北大西洋に沈んだタイタニック号の発見」や、「インカ帝国マチュピチュ遺跡の発掘」、「野生チンパンジーの調査」など、自然や科学、生物といった領域を超えた調査研究・発掘プロジェクトを支援してきました。協会設立の年に刊行された公式雑誌『ナショナル ジオグラフィック』は、今や世界180カ国850万人の元に届けられ、綿密な取材による記事とダイナミックな写真によって世界中の人々に大きな感動と驚きを与えています。
本展覧会では、1,100万点にも及ぶ膨大なコレクションの中から、「冒険・探検の記録」「野生の世界」「自然科学」「人類と文化」のテーマにわけ、世界で活躍する最高峰の写真家たちの美しく迫力溢れる作品約200点を展示します。また、ナショナル ジオグラフィック誌を代表する自然写真家のティム・レイマンや、誌面を飾った数少ない日本人写真家の岩合光昭、野町和嘉などの作品をクローズアップして紹介。私たちが住む「地球」のありのままの姿を捉えた写真と映像をどうぞお楽しみください。

開催期間 2015年7月18日(土)~8月30日(日)【会期中無休】
開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料 一般  1000(800)円
高大生  600(400)円
小中生  400(300)円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。なお障害者手帳を提示の方は無料。
前売り券は、ローソンチケット(Lコード:85570)、チケットぴあ(Pコード:766‐800)、セブン-イレブン、小倉井筒屋、黒崎井筒屋、北九州モノレール主要駅等で販売。
※ローソンチケット、チケットぴあ、セブン-イレブンについては、展覧会開催中は当日料金での販売となります。
主催 ナショナル ジオグラフィック展実行委員会(北九州市立美術館、毎日新聞社)、日本経済新聞社
後援 NHK北九州放送局、九州旅客鉄道株式会社、西日本鉄道株式会社、北九州モノレール、筑豊電気鉄道株式会社、株式会社スターフライヤー、北九州市、北九州市教育委員会
協賛 リバーウォーク北九州
協力 日経ナショナル ジオグラフィック社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社
制作協力 クレヴィス
展覧会ホームページ http://nngkitakyu.jp/
会場

リバーウォーク北九州5F

北九州市立美術館

〒803-0812 北九州市小倉北区室町一丁目1番1号
Tel: 093-562-3215

関連イベント

[フィールドワーク1]北九州の「遺跡」に出会う

写真家四宮佑次さんと一緒に、醸造棟をめぐりながら撮影します。

日時 第1回撮影会 2015年8月7日(金) 14:00~16:00
第2回鑑賞会 2015年8月14日(金) 14:00~16:00
講師 写真家 四宮佑次氏
場所 第1回 門司赤煉瓦プレイス 旧サッポロビール醸造棟(現地集合)
第2回 北九州芸術劇場 小劇場
対象 一般・高校生以上 20名※両日参加できる方。(応募者多数の場合は抽選)
持ち物 デジタルカメラ
協力 門司赤煉瓦倶楽部
[フィールドワーク2]相島(あいのしま)でわくわく猫めぐり

「自然、史跡、島猫」の解説を聞きながら相島を探検します。

日時 2015年8月22日(土)11:30~16:20 ※小雨決行
講師 北九州市立いのちのたび博物館 学芸員 博士(理学) 山根明弘氏
場所 福岡県新宮町 相島
※新宮町相島渡船待合所(福岡県糟屋郡新宮町大字相島1382-2)現地集合・解散
対象 小・中学生とその保護者10組(応募者多数の場合は抽選)
持ち物 帽子、水筒、弁当(島内に食堂あり)
フィールドワーク応募方法
応募方法 特設ホームページからのご応募、もしくは往復はがきに
(1)名前・年齢
(2)郵便番号・住所
(3)電話番号
(4)メールアドレス
(5)参加者の人数
(6)希望するイベント名
を明記して、7月20日必着でお申し込み。
応募先 〒803-0812 北九州市小倉北区室町1-1-1 リバーウォーク北九州5階
北九州市立美術館分館「ナショジオ展フィールドワーク」係
[公募] 故郷の自然フォトコンテスト

北九州市内の自然にかかわる写真を大募集。受賞作品は展覧会期間中会場内に展示します。

テーマ 北九州市内の自然
応募作品 2L(またはキャビネ)判
※一人3点まで。 ※原則として、応募作品は返却いたしません。 ※フィルムやデータでのご応募は受け付けません。 ※審査結果は毎日新聞、特設ホームページなどで発表します。
応募資格 2014年以降に北九州市内で撮影した未発表作品に限ります。
同市の居住者でなくてもご応募できます。
部門 学生の部(高校生以下)・一般の部(18歳以上の方)
募集締め切り 6月30日必着
フォトコンテスト応募方法
応募方法 必要事項(部門、氏名、年齢、性別、住所、電話番号、作品タイトル、撮影年月日、場所)を記入した応募用紙を作品の裏に貼り、下記の事務局へ。
応募先 〒802-8651 北九州市小倉北区紺屋町13-1
毎日新聞西部本社事業部内「フォトコンテスト」係
(TEL:093-511-1119)

各イベントの詳細は特設ホームページをご覧ください。http://nngkitakyu.jp

ウェス・C・スカイルズ《バハマの水中洞窟》

ウェス・C・スカイルズ《バハマの水中洞窟》2009年/National Geographic Creative

スティーブ・マッカリー《アフガン難民の少女》

スティーブ・マッカリー《アフガン難民の少女》1984年/National Geographic Creative

岩合光昭《生死をかけた戦い》

岩合光昭《生死をかけた戦い》1982-83年/National Geographic Creative

ブルース・デール《入念な準備とチームワーク》展

ブルース・デール《入念な準備とチームワーク》1977年/National Geographic Creative

ページのトップへ