1. ホーム
  2. 企画展
  3. アートオブメモリー 記憶をめぐる4つのレシピ

企画展

展覧会

北九州市立美術館開館40周年記念
アート・オブ・メモリー 記憶をめぐる4つのレシピ

2015年1月4日(日)~2月22日(日)

「アート・オブ・メモリー」とは、ものごとを記憶しておくための術、すなわち「記憶術」を意味します。今日もっぱら「芸術」という意味で捉えられる「アート」という言葉は、もともと「技術」を意味していました。医術や弁論術、料理術、そして記憶術など、さまざまな技術を指していたアートは、次第に鑑賞の対象となる作品を生み出す技術という意味合いを強め、「美術」「芸術」を表す言葉となったのです。
しかし現代アートの世界には、絵画や彫刻などの伝統的な手法から、コンピューターやデジタル映像などの先端テクノロジーまで、多種多様なアート=技術があふれています。ここでは美術と技術、ふたつの領域を横断するアートの両義性に着目することで、わたしたちの記憶を呼び起こす、新しい記憶術としての「記憶のアート(アート・オブ・メモリー)」を提示します。
本展では「時代の記憶」「風景の記憶」「人の記憶」「自然の記憶」という4つのキーワードをもとに、4組の現代アーティストたちを紹介します。2000年後に発掘された携帯電話やおもちゃの化石、展示室全体を覆う動く影絵、手描きのアニメーション映像、見る人の動きに反応する参加/体験型作品…… アーティストごとに異なる手法(レシピ)によって生み出されたそれぞれの記憶のアートは、わたしたちの思い出にも通じる、どこか懐かしくも新しい世界を見せてくれるでしょう。

会期 2015年1月4日(日)~2月22日(日)
開館時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日 月曜日(ただし1月12日は開館し、翌日休館)
会場 北九州市立美術館 本館
(〒804-0024 福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21番1号)
主催 アート・オブ・メモリー展実行委員会(北九州市立美術館、毎日新聞社、TVQ九州放送)
後援 NHK北九州放送局、九州旅客鉄道株式会社、西日本鉄道株式会社、北九州モノレール、筑豊電気鉄道株式会社、株式会社スターフライヤー
展覧会ホームページ http://art-of-memory.jp
観覧料 一般  1000(800)円
高大生 600(400)円
小中生 400(300)円
※( )内は前売り料金および20名以上の団体料金。障害者手帳を提示の方は無料。 ※前売り券は、ローソンチケット(Lコード:89841)、チケットぴあ(Pコード:766-482)、セブンイレブン(セブンコード:034-496)、小倉井筒屋、黒崎井筒屋で販売。ただし、ローソンチケット、チケットぴあ、セブンイレブンについては、展覧会開催中は当日料金での販売となります。
参加アーティスト plaplax(プラプラックス)
クワクボリョウタ
柴川敏之
北上伸江

関連イベント

特別鑑賞会

展覧会開幕前に特別ご招待。担当学芸員がギャラリートークをおこないます。

日時 12月26日(金)13:30~15:30
会場 北九州市立美術館 本館 企画展示室
募集人数 20組(応募多数の場合は抽選)
応募方法 展覧会特設ホームページからのご応募、もしくは往復はがきに①名前、②参加人数、③郵便番号・住所、④電話番号、⑤メールアドレスを明記して、12月19日必着でお申し込みください。
応募先 〒804-0024 福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21番1号
北九州市立美術館「アート・オブ・メモリー展特別鑑賞会」係

 

アーティストトーク

4組の参加アーティスト全員が集まり、作品や制作テーマについてお話しします。

アーティスト plaplax 、クワクボリョウタ、柴川敏之、北上伸江
日時 1月25日(日)14:00〜
会場 北九州市立美術館 本館 講堂

※聴講無料、定員100名

学芸員によるギャラリートーク

当館学芸員が本展覧会のテーマや作品の楽しみ方について解説します。

日時 毎週日曜日14:00~ ※ただし1月18日(日)、1月25日(日)、2月15日(日)をのぞく。
場所 展覧会場内

※申込み不要、ただし本展観覧料が必要です。

美術ボランティアと一緒に鑑賞しよう!

ボランティア・スタッフと楽しく会話しながら鑑賞します。

日時 毎週土曜日13:30~15:30
場所 展覧会場内

※申込み不要、ただし本展観覧料が必要です。

plaplax(プラプラックス)

近森基、久納鏡子、筧康明、小原藍によるアート・ユニット。
主にインタラクティヴアート分野における作品を手がける一方、公共空間、商業スペースの空間演出や展示造形、企業や大学との共同技術開発など幅広い活動を展開。近年は、自然にまつわる心象イメージをテーマとしたイマジネイチャー(Imaginature)シリーズの作品制作に取り組んでいる。アルス・エレクトロニカ(オーストリア)、ポンピドゥ・センター(フランス)、文化庁メディア芸術祭など国内外で数多くの作品を発表。

《石ころのカチナ》2011年

《Water Pocket》2014年

クワクボリョウタ

1971年生まれ。1998年の明和電機との共作《ビットマン》以降、エレクトロニクスを使用した作品を制作。デジタルとアナログ、人間と機械など、さまざまな境界線上で生じる現象をクローズアップする作品により「デバイス・アート」とも呼ばれる独自のスタイルを生み出した。近年は、光と影によるインスタレーションから、鑑賞者自身が感覚を研ぎ澄ますような作品に着手。エルミタージュ美術館(ロシア)やソウル市美術館(韓国)など、世界各地で作品を発表。

《10番目の感傷(点・線・面)》2010年
撮影:木奥恵三
写真提供:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

柴川敏之

1966年生まれ。広島大学大学院を修了。イタリアのポンペイ遺跡等に触発され、「2000年後の41世紀から見た現代社会」をテーマに制作を続ける。携帯電話や日用品など、現代を象徴する身近な物を絵画技法によって出土品や化石のように変換させ、未来の視点から物のあり方や現代の諸問題を見つめ直す。「柴川敏之×てんとうむしプロジェクト|2000年後の小学校」(2013年、京都芸術センター)等、展示やワークショップなど多彩な活動を国内外で展開している。

《2000年後に発掘された地球儀の化石》2009年
撮影:佐々木敏晴

《2000年後に発掘された携帯電話の化石群》2011年

北上伸江

1985年生まれ。大阪芸術大学卒業後、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー[IAMAS]在学中の2009年よりアニメーション作品を制作し始める。実写映像の一コマ一コマに手描きでアクリル絵具を塗り重ねることにより、日常の風景を新鮮なイメージへと変容させる。主な展覧会に、「北上伸江個展 色彩の日常」(2012年、IAMAS産業文化研究センター分室)、「新世代アーティスト展 in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク」(2013年、川崎市市民ミュージアム)がある。

《RGB Home Video》
テクニカル:イトウユウヤ
作業協力:坪井愛
撮影:長塚秀人

《Rotation Rotation》2010年

ページのトップへ