1. ホーム
  2. 企画展
  3. 森山安英 解体と再生Decomposition & Recomposition

企画展

展覧会

森山安英 解体と再生 Decomposition & Recomposition

2018年5月19日(土)~7月1日(日)

森山安英 解体と再生Decomposition & Recomposition

森山安英は1936(昭和11)年、八幡市(現・北九州市八幡東区)に生まれ、現在も北九州市を拠点に活動し続けている画家です。
1968年、先行する前衛美術グループ〈九州派〉の強い影響を受けながら、自らも地元作家たちとともに〈集団蜘蛛〉を結成。まもなく3人のメンバーに少数精鋭化されると、既存の美術団体や権威のみならず、同時代の前衛運動すらも標的とし、あらゆる芸術表現を否定する過激なハプニングを繰り返しました。
その後森山は、15年の長い沈黙の時期を経て、1988年から突如として銀一色の絵画作品を発表し始めます。「アルミナ頌」「光ノ表面トシテノ銀色」などのシリーズは、筆で描くのではなく、絵具を流し込むことで画面を覆っていく独特の手法により、「描く」という行為自体を問い直しています。
一方、2001年以降にはたびたび「普通の絵が描きたい」と口にし、色やかたちといった絵画的要素や社会的なテーマを積極的に取り戻し、近年は具象画も手がけるようになりました。
本展は、1987年から30年に亘って制作された絵画シリーズのすべてを一堂に会する初めての機会であるとともに、〈集団蜘蛛〉時代の作品や資料を合わせて展示することで、生涯、北九州の地で「絵画とは何か」を問い続けてきた森山の全貌に迫ります。

会期 2018年5月19日(土)~7月1日(日)
開館時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日 月曜日
会場 北九州市立美術館本館
(〒804-0024 福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21番1号)
主催 森山安英展実行委員会(北九州市立美術館、毎日新聞社)
後援 九州旅客鉄道株式会社、西日本鉄道株式会社、北九州モノレール、筑豊電気鉄道株式会社、株式会社スターフライヤー、北九州市、北九州市教育委員会
観覧料 一般  1100(900)円
高大生 600(400)円
小中生 400(300)円
※( )内は前売り料金および20名以上の団体料金。なお障害者手帳を提示の方は無料。年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は2割減免。※前売り券は、ローソンチケット(Lコード:83739)、チケットぴあ(Pコード:768-992)、セブン-イレブン、ファミリーマート、小倉井筒屋、黒崎井筒屋、北九州モノレール主要駅、筑豊電鉄主要駅で販売。 ※ローソンチケット、チケットぴあ、セブン-イレブン、ファミリーマートについては、展覧会開催中は当日料金での販売となります。

関連イベント

・映画上映+トーク ※聴講無料、定員100名
映画「MORIYAMA 集団蜘蛛・森山安英インタビュー」(soapland records/2007)上映後、監督の宮川敬一氏(GALLERY SOAP)と森山安英氏によるアフタートークを開催します。

日時 6月10日(日)14:00より
会場 北九州市立美術館 本館 アネックス棟3階 レクチャールーム
・学芸員によるギャラリートーク※申込み不要、ただし本展観覧料が必要です。
担当学芸員が本展覧会のテーマや作品について解説します。
日時 5月19日(土)、6月2日(土)、6月16日(土)、6月30日(土) 14:00より
場所 展覧会場内
《光ノ表面トシテノ銀色 17-3》1994年 北九州市立美術館蔵

《光ノ表面トシテノ銀色 17-3》1994年 北九州市立美術館蔵

《ファインダーレポート 52》1995年 作家蔵

《ファインダーレポート 52》1995年 作家蔵

《非在のオブジェ 11》1997年 作家蔵

《非在のオブジェ 11》1997年 作家蔵

《レンズの彼岸 13》1999年 作家蔵

《レンズの彼岸 13》1999年 作家蔵

《光ノ遠近法ニヨル連作 63》2008年 作家蔵

《光ノ遠近法ニヨル連作 63》2008年 作家蔵

《幸福の容器 04》2011年 作家蔵

《幸福の容器 04》2011年 作家蔵

ページのトップへ