1. ホーム
  2. コレクション展
  3. コレクション展III 特集 野見山暁治

コレクション展

展覧会

コレクション展III 特集 野見山暁治

2021年2月20日(土)~4月11日(日)

コレクション展III 特集 野見山暁治

野見山暁治《大昔のこと》2007年
キャンバスに油彩 当館蔵

福岡県嘉穂郡穂波村(現 飯塚市)出身の野見山暁治は、2020年に100歳を迎えました。1952年、絵画研究のため渡仏し、同地に12年滞在する間、1956年にサロン・ドートンヌ会員となり、1958年、《岩上の人》で第2回安井賞を受賞するなど、一躍、注目の新進画家となりました。帰国後は、東京藝術大学で後進の指導や、戦没画学生の作品保存に尽力しながら、現在まで旺盛な創作活動を続けています。
当館にとって野見山は、1983年に野見山の初めての回顧展を開催するなど、縁の深い作家です。百寿を記念して開催する本特集では、当時の出品作も含め、1950年代から2000年代の油彩、さらに90年代の水墨画のシリーズを展示し、長きにわたる野見山の画業を、作家所蔵の作品に当館のコレクションを交えて振り返ります。あわせて、福岡県出身の画家 北野万平の《野見山暁治像》を中心に、田淵安一、今西中通、高田博厚、駒井哲郎ら、野見山と交流があった美術家たちの作品も紹介します。

会期 2021年2月20日(土)~4月11日(日)
会場 北九州市立美術館本館
開館情報 9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日
※ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館
観覧料 一般  300(240)円
高大生 200(160)円
小中生 100(80)円
※( )内は20名以上の団体料金。 ※北九州市、下関市、福岡市、熊本市、鹿児島市にお住まいで、65歳以上の方は、公的機関が発行した証明書を提示で観覧料90円。 ※障害者手帳を提示の方は無料。
作品リスト コレクション展III特集 野見山暁治作品リスト
野見山暁治《病める女》1950-52年 キャンバスに油彩

野見山暁治《病める女》1950-52年
キャンバスに油彩

野見山暁治《巴里の屋根》1956年頃 キャンバスに油彩

野見山暁治《巴里の屋根》1956年頃
キャンバスに油彩

野見山暁治《ながい日々》1967年 キャンバスに油彩

野見山暁治《ながい日々》1967年
キャンバスに油彩

野見山暁治《風景》1971年 キャンバスに油彩

野見山暁治《風景》1971年
キャンバスに油彩

野見山暁治《この先は知らない》2015年 キャンバスに油彩 ※作家蔵

野見山暁治《この先は知らない》2015年
キャンバスに油彩 ※作家蔵

野見山暁治《和紙への試み 遠い日近い日 19》1994年 和紙に墨 ※作家蔵

野見山暁治《和紙への試み 遠い日近い日 19》1994年
和紙に墨 ※作家蔵

野見山暁治《昨日今日 29》1994年 和紙に墨、グワッシュ ※作家蔵

野見山暁治《昨日今日 29》1994年
和紙に墨、グワッシュ ※作家蔵

野見山暁治《目いっぱいの山》 2004年 キャンバスに油彩 ※作家蔵

野見山暁治《目いっぱいの山》 2004年
キャンバスに油彩 ※作家蔵

野見山暁治《似たような空》 2010年 キャンバスに油彩 ※作家蔵

野見山暁治《似たような空》 2010年
キャンバスに油彩 ※作家蔵

野見山暁治《太古の話》1984年 キャンバスに油彩 当館蔵

野見山暁治《太古の話》1984年
キャンバスに油彩

北野万平《野見山暁治像》1940年代 キャンバスに油彩

北野万平《野見山暁治像》1941年頃
キャンバスに油彩

今西中通《少女の石膏像と花》1944年 キャンバスに油彩(野見山暁治氏旧蔵)

今西中通《少女の石膏像と花》1944年
キャンバスに油彩(野見山暁治氏旧蔵)

※作家蔵を除く掲載作品はすべて当館蔵

ページのトップへ