1. ホーム
  2. 企画展
  3. 再興第105回 院展

企画展

展覧会

再興第105回 院展

2021年4月21日(水)~5月16日(日)

再興第104回院展

日本美術院は、日本の近代芸術を牽引した岡倉天心を中心として、1898(明治31)年に創立された日本画の研究団体です。一時の活動休止を経て、1914(大正3)年に亡き天心の遺志を継いだ横山大観らによって再興され、多くの優れた作家を輩出してきました。創立から120年をこえた今も毎年「春の院展」と秋の「再興院展」を開催し、現代の日本画の中心的な団体として活躍を続けています。
北九州市立美術館は、九州で唯一の巡回先として再興院展を開催しています。今年も本館を会場に、日本美術院同人の新作30点をはじめ、受賞作品および九州出身・在住作家の入選作品を含む62点が一堂に揃います。
伝統と革新の長い歴史を紡ぐ現代の日本画、院展の世界をどうぞご高覧ください。

東アジア文化都市北九州2020-21のロゴ

会期 2021年4月21日(水)~5月16日(日)
会場 北九州市立美術館本館
開館時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日 4月26日(月)、5月10日(月)
観覧料 一般  1100(900)円
高大生 600(400)円
小中生 400(300)円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。なお障害者手帳を提示の方は無料。北九州市在住の65歳以上の方は2割減免(公的機関発行の証明書等の提示が必要)。※前売り券は、ローソンチケット、チケットぴあ、セブン-イレブン、ファミリーマート、小倉井筒屋、北九州モノレール主要駅、筑豊電気鉄道主要駅で販売。※ローソンチケット、チケットぴあ、セブン-イレブン、ファミリーマートについては、展覧会開催中は当日料金での販売となります。
主催 再興第105回院展実行委員会(北九州市立美術館、西日本新聞社)、日本美術院
後援 TNCテレビ西日本、九州旅客鉄道株式会社、西日本鉄道株式会社、北九州モノレール、筑豊電気鉄道株式会社、株式会社スターフライヤー、リビング北九州、北九州市、北九州市教育委員会、東アジア文化都市2020北九州実行委員会
作品:《神々の視座》

井手康人(同人)《神々の視座》 内閣総理大臣賞

作品:《龍門の滝》

田渕俊夫(同人) 《龍門の滝》

作品:《深淵》

村岡貴美男(同人)《深淵》 文部科学大臣賞

作品:《夜宴》

𠮷村佳洋《夜宴》 日本美術院賞(大観賞)

作品:《夜行》

木下千春《夜行》 日本美術院賞(大観賞)

ページのトップへ